プレスリリース

SAP® Customer Experience導入の支援サービス
「Starter Package for SAP® Sales Cloud」の提供を開始
~ニューノーマルにおける顧客接点の管理の最適化を短期間で支援する
サービスを5月21日より提供開始~

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:磯谷 元伸、以下NTTデータGSL)は、2021521日より、「SAP® Customer Experienceソリューション(以下、SAP CX)」の導入を支援するサービス「Starter Package for SAP® Sales Cloud」の提供を開始します。

コロナ禍における顧客の行動変容を受け、営業やマーケティング活動のデジタル化が進む中、多様化、複雑化する顧客との接点の管理に課題を感じている企業も増加傾向にあります。「SAP CX」はSAP社が提供するCRMEコマースの業務と顧客との接点を支援する統合型SaaS型ソフトウェアです。その中のサービスの一つである「SAP® Sales Cloud」は、顧客管理や案件管理、契約管理などの統合的な顧客管理機能を提供し、企業における顧客管理を高度化することで、ニューノーマル時代に向けた営業活動の高度化の基盤となるものです。

NTTデータGSLでは、2021年にSAP CXを導入し、顧客管理や契約管理を強化し、顧客接点の充実化を図っています。この自社内での導入実績によるノウハウをもって、「Starter Package for SAP® Sales Cloud」を提供し、短期間での「SAP® Sales Cloud」の導入を支援します。

本サービスは、「チーム横断で顧客接点を見える化し、価値のあるサービスを提供する」ことをコンセプトに、「顧客」「商談」「契約」の統合管理による組織管理情報の不透明さの解消をゴールとして支援します。

Starter Package for SAP® Sales Cloud」は、「SAP® Sales Cloud」の豊富な標準機能と、クラウドによる迅速な展開と低い運用負荷をもとに、最短8週間で要件確認から、テストやデータ移行、ユーザー教育、本番移行を実施します。そのため、「SAP® Sales Cloud」を短期間で展開し、顧客接点を強化・改善することが可能です。

Starter Package for SAP® Sales Cloud」の提供価格は990万円(税込)からで、使用機能や範囲によって変動します。また、別途「SAP® Sales Cloud」のライセンスが必要となり、月額1ユーザーあたり6600円(税込)、5ユーザーから利用することが可能です。なお、NTTデータGSLでは、顧客管理や契約管理に課題を持つ企業をターゲットに、2021年の「Starter Package for SAP® Sales Cloud」の受注件数を年間5件と見込んでいます。

Starter Package for SAP® Sales Cloud」サービスの詳細はこちら

<NTTデータ グローバルソリューションズについて>

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7月に設立されました。NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERPシステムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTTデータグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしています。

  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。
  • その他の会社名及びサービス名等は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

一般の方からの問い合わせ先

NTTデータ グローバルソリューションズ 舘/𡌶(はが)
TEL:050-3820-8621

報道関係からの問い合わせ先

(株)VAインターナショナル 田中/進藤
TEL:03-3499-0016
FAX:03-3499-0017
E-mail:vai@va-intl.co.jp