NTTデータ グローバルソリューションズ

プレスリリース・ニュース

2017/12/04

SAP S/4HANA®導入テンプレート「GBMT」がSAPジャパンのパートナーソリューションとして承認

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:磯谷 元伸、以下 NTTデータGSL)は、専門商社・小売業・製造業販社向けSAP S/4HANA®導入テンプレート「GBMT」が、「SAP® Business All-in-One for SAP S/4HANA®, on-premise edition」 のパートナーソリューションとしてSAPジャパン株式会社(以下SAPジャパン)に承認されたことをお知らせします。

SAP S/4HANAでは、2016年10月にリリースされた「SAP S/4HANA 1610」より、短期間・低コスト・高品質での導入を支援するツール「SAP Best Practices for S/4HANA (on-premise) Japan Localization, For S/4HANA 1610」が提供され、日本向けのSAP Best Practicesの利用が可能となりました。SAP Best Practicesは今後も拡張が予定されています。

SAPジャパンでは、「SAP Business All-in-One for SAP S/4HANA, on-premise edition パートナーソリューション承認制度」を展開しています。これは、顧客がSAP S/4HANAのメリットを最大限享受し、投資対効果を高められるパートナーを選定するため、SAP Best Practicesを活用したパートナー企業のSAP S/4HANAソリューションを承認する制度です。
この度、ソリューションを始めとする各種要件を全て満たすパートナーソリューションとして、「GBMT」が、SAPジャパンによる審査の結果、承認されました。

NTTデータGSLは、引き続きSAP S/4HANAソリューションの強化を進めてまいります。

※GBMTは「Global Business Model for Trading Company」の略称です。

<NTTデータグローバルソリューションズについて>

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7月に設立されました。
NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERPシステムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTTデータグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしています。

  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
  • またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

  • 株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ 広報担当 石井/千葉 TEL:03-5669-2018 FAX:03-5669-2046