NTTデータ グローバルソリューションズ

プレスリリース・ニュース

2018/01/24

IBM App Connect Professionalを導入し、顧客のデジタル変革をサポート開始

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:磯谷 元伸、以下 NTTデータGSL)は、日本IBMが提供するSaaS版の「IBM App Connect Professional(アップ・コネクト・プロフェッショナル):以下、IBM App Connect」を導入しました。

NTTデータGSLでは、「IBM App Connect」の導入により、SAP製品と他のオンプレミスやクラウド環境のシステム接続を簡素化し、顧客のデジタル変革を支援します。
またNTTデータGSLは、「IBM App Connect」の豊富なコネクターやテンプレートを顧客にSaaSで提供することで、SAP製品と他のオンプレミスやクラウド環境のシステム連携に必要な構築期間を短縮し、コスト負担の軽減を目指します。

SAPのソリョーションをワンストップかつグローバルで提供するNTTデータGSLは、システム連携の支援をより強化する方針から、「Smart Connection」というテーマを掲げて、以前よりオンプレミスで活用する他のツールを提供してきました。
しかし、グローバル対応、クラウド(SaaS)対応、SAP製品との親和性確保といった観点からより最適なソリューションの採用を検討し、「Smart Connection」を支援する新しいEAIソリョーションとして「IBM App Connect」の導入に至りました。

「IBM App Connect」は、ハイブリッド・クラウド環境間のデータ、アプリケーション、APIの統合を支援するソリューションです。
SAP、Salesforce、Concurをはじめとする数多くのシステムやアプリケーションを網羅したコネクター・ライブラリーが用意され、100種類以上の接続パターンをテンプレートとして備えているため、コーディングをせずに簡単な操作で連携システムを構築することが可能です。
また、「IBM App Connect」はオンプレミス型に加えて、SaaS型で提供することから、小規模の利用であっても従量課金制によって低価格で活用することが可能になります。

NTTデータGSLは、「IBM App Connect」を活用するサービスを通じて、SAP製品を利用するシステムのクラウド移行や新しいシステムの構築を支援します。

本件に関するお問い合わせ

  • 株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ 広報担当 石井/千葉 TEL:03-5669-2018 FAX:03-5669-2046