NTTデータグローバルソリューションズ

先輩社員の声

ビジネスイノベーション
推進部

C.H.

2017年度(中途入社)

国際色が豊かな運用チームは海外とのコミュニケーションが多く、毎日刺激を受ける環境です。

今の担当業務について、「やりがい」や「大変なところ」も含めて、具体的に教えてください。

運用業務=モニタリングではない

私は、現在「inERPia(イナーピア)」というSAP向けフルマネージド・クラウドサービスの運用業務を担当しております。

運用業務と言えば、サーバのモニタリングやシステムの監視を想像される方が多いかと思います。

私が現在担当している、inERPia運用業務では、海外のデータセンターとのやり取りを中心に、お客様とデータセンターをつなぐ橋渡し役をしています。

そのため、運用改善やお客様との調整などアクティブに活動する仕事が多く、とてもやりがいがあります。

大変なところは、海外のデータセンターとのやり取りは英語が必須で、英語でのメールやドキュメント作成はもちろん、会議で高いコミュニケーション能力が必要なところです。

仕事をしていて、一番うれしかった出来事はなんですか?

毎日刺激を受けています

inERPia運用チームでは、多くの女性が活躍しており、明るく賑やかな環境で仕事をしています。

また、英語が堪能な方も多く、チームメンバーの国際色も豊かな職場で、毎日刺激を受けています。

前職では、子供と家族との時間をとることが出来ませんでしたが、現在の職場では、家族との時間を十分にとる事が出来て、オン・オフ共にとても充実しております。

今までのキャリアのどういったところが活かせていると感じますか?
また、入社後成長を実感してる点について教えてください。

SAP導入/移行の経験が運用メンバーの良い刺激に!

SAP導入/移行の経験が運用メンバーの良い刺激に!

前職では、SAPの導入や移行を自分が直接作業を実施することが多く、管理・運用などの経験は殆どありませんでした。逆に導入/移行の経験が少ないメンバーもいるため、お互いの知識を共有し合い、刺激を受けています。

当社のホスティングサービスinERPiaの運用チームは、顧客への提案、運用設計、実際に作業をする海外データセンターとの調整など、管理面での業務が多い職場です。

管理運用する上で、前職で身につけたSAPの導入や移行などの経験や知識は非常に役に立っております。

海外データセンターでの運用を通じて、海外ベンダの管理や指示出しの経験など、今までに無い経験をすることができて、成長していることを実感しております。

inERPiaは現時点では、自社クラウドでの運用ですが、今後に向けてAWS、Azure、S/4HANAでの稼働検証をデータセンターと連携して実施しております。

社内での勉強会も頻繁に行われており、最新テクノロジーもキャッチアップできて、日々成長していることを実感しております。

現在転職活動中のみなさんに、アドバイスをお願いします!

inERPiaに興味のある方は是非ご応募を

運用って24時間365日モニタリングするんでしょ?と思っている方、SAPの運用経験はあるけれど、過去に昼夜問わず働き過ぎてもう運用はたくさんだ!という方、SAPの導入経験はあるけど、運用は経験がない方、グローバルな環境で自分を試してみたい方など、ぜひ当社に来て一度説明を聞いてみませんか?皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

採用に関するお問い合わせ

採用に関するお問い合わせは下記フォームから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube