NTTデータグローバルソリューションズ

先輩社員の声

ビジネスイノベーション推進部

T.K.

2018年(中途入社)

海外チームと同じ土俵で一緒に検討しお客様へ提案することにより色々な経験が積める

今の担当業務について、「やりがい」や「大変なところ」も含めて、具体的に教えてください。

海外メンバーと一緒にスキルアップ

私どものチームでは、海外展開されているお客様のロールアウトの支援、SAPシステムのAWSへの移行、当社クラウドサービスの運用保守を主に行っております。

業務は常に当社の海外グループ会社と協力して進めており、日本チーム、海外チーム双方の技術をもってお客様にサービスを提供しております。

その中でのやりがいとしては、自分には無い技術的な知見を海外メンバーが持っていることがあり、そういった部分はとても勉強になります。技術的な部分を海外チームに任せきりにするのではなく、同じ土俵で一緒に検討してお客様に提供することは、自分のスキルアップだけでなく、チーム全体のスキルアップにつながり、やりがいのある業務と感じております。

仕事をしていて、一番うれしかった出来事はなんですか?

メールだけでは伝わらないコミュニケーション

海外メンバーが日本人的な感覚を理解して、運用や構築に反映してくれることは、とてもありがたいと感じました。

協業を始めた当初は、意思疎通が今ほど取れておらず、先輩社員の皆様は苦労されたと聞いております。先輩たちが数年間一緒に業務をし、改善に改善を重ねたことによって、良好な関係を築けたのだと思います。そのベースがあり、現在の運用や構築においては、日本式のやり方を理解してくれて、技術的なアドバイスや提案についても取り入れやすくなっています。

当社海外メンバーはもちろんのこと、お客様の海外拠点担当者ともFace to Faceでコミュニケーションを取ることがあります。その際、提案の説明、技術KTや引継ぎなどがうまくいった時に、お客様から感謝の言葉を頂き、担当者で良かったなと思いました。こういった感動は、メールによるコミュニケーションだけでは体感できないものです。

今までのキャリアのどういったところが活かせていると感じますか?
また、入社後成長を実感してる点について教えてください。

ユーザーの目線で考える

当社に転職する前は、インフラ構築とSAP Basis運用を経験しておりました。

今の職場は、自身で作業を行うことより、海外チームに作業指示を出すことの多い職場です。前職までの経験で、運用や構築における作業のボリュームや工数などを理解していたことは、現在の業務でとても役に立っております。

自身の領域(Basis/インフラ)にこだわらず、エンドユーザーの目線で運用や構築を考えられるようになったのも、今までのキャリアによるものだと考えております。

入社後成長を実感している点は、海外ユーザー、海外SIerの考え方を知ることが出来たことです。全てのお客様にあてはまるわけではありませんが、日本式のルール、格式に拘らないラフで合理的な仕事の仕方は、見習いたいことのひとつです。

ユーザーの目線で考える

現在転職活動中のみなさんに、アドバイスをお願いします!

一緒にグローバル案件に携わりましょう!

インフラ、Basis、アプリといった領域に縛られず、広い視野と顧客目線で業務を考えられるエンジニアの方は、きっと活躍できると思います。
現在日系企業で海外6拠点に展開するお客様の、クラウド移行プロジェクトに携わっております。
各拠点のお客様とFace to Faceでコミュニケーションをとってプロジェクトを進めていくことは、色々な人たちの考え方を知ることが出来て楽しいものです。
グローバル展開されているお客様の案件にご興味のある方は、私たちと一緒にお仕事をしましょう!

採用に関するお問い合わせ

採用に関するお問い合わせは下記フォームから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube