S/4HANA移行

従来のSAP ERPシステムを利用している企業において、SAP S/4HANAへの移行は大きな課題です。しかしながら、2027年に予定されているSAP ERP(ECC 6.0 Ehp6以降)のサポート終了という製品ライフサイクルだけを理由にSAP S/4HANAへ移行する投資を行うということは、多くの企業にとっては大きな負担です。しかしながら、SAP S/4HANAへの移行を機にERPシステムを基幹業務システムとしてだけではなく、デジタルトランスフォーメーションを実現するための基盤として位置づけ、SAP S/4HANAのメリットを最大限に引き出すことにより、投資以上の価値を享受することが可能です。

NTTデータGSLでは、お客様の現状のSAP ERP環境のアセスメントを起点に、SAP S/4HANAの価値をどのように見出すのか、アドオンをどの程度対象とするのか、どのような移行方法が効果的で最適化であるかなどの提案をフェーズに分けた一連のプロセスにて提供します。

様々な規模の豊富な移行経験とともに、一般的な移行アプローチとされている、「GreenField」(新規構築)、「BrownField」(システム移行)に加え「BluefieldTM」(ツールを利用したS/4HANAの環境に最適化された移行)も提供します。お客様の環境や要件に最適な移行アプローチによって最適な移行を実現します。

SAP S/4HANAフェーズ