NTTデータグローバルソリューションズ

SAP on AWS 移行トライアルサービス

概要

SAP on AWS 移行トライアルサービスは、今お使いのSAPシステムを、AWS上へ移行を支援するサービスです。まずはAWS上での稼働を試してから本稼働を検討したいというニーズにお応えするため短期間、低コスト、期間限定で移行後の環境をご提供します。

特長

貴社SAPシステムの検証環境を最短2日間で構築

トライアル試用とはいえ、運用時間帯(平日8:00~20:00)のサーバ監視を実施します。トラブル時には、電話/メールによるリカバリサポートもOK。安心して検証作業を実施いただけます。
AWSが提供するインフラ(EC2インスタンス)を提供、AWSの操作や使い勝手をお試しいただけます。AWS操作方法も弊社が解り易くご説明します。
AWS上のシステムをご評価いただいた場合、本番利用における運用支援や開発なども継続して承ります。本番利用における運用支援や開発なども継続して承ります。AWSならではのバックアップ設計、DR構築など、多岐にわたるサポートをご用意します。
AWS利用料およびSAP運用サービス、その他ライセンス管理など SAPシステムに関する運用費をまとめて月額請求。複数の請求処理を1つにまとめることで運用改善が期待できます。

FAQ

SAPライセンスは追加で必要ですか?

必要ありません。

OSやDBのライセンスは追加で必要ですか?

OSのライセンス料金はAWSをご利用の際の月額利用料に含まれます。
ただし、DBやミドルウェア等はお客様側でご用意いただくか、AWSより追加購入ください。
AWS上より購入いただくと、ご利用時間のみ適用可能なライセンスとなります。

社内LANとAWSの接続(ネットワーク)はどのような仕組みになりますか?

ソフトウェアVPN、もしくは指定業者が提供するIPsecによるインターネットVPNサービスになります。

社内のActive Directoryや認証サーバーとの連携は可能ですか?

可能です。ただし、セキュリティの観点により、Acitive Directoryや認証サーバーとの連携は、お客様側にて実施して頂く事を推奨いたします。

移行作業で、オプションサービスとなる項目は何ですか?

下記のような項目はオプションサービスとなります。アーキテクチャーが異なるため、十分な動作検証と確認が必要となりますので別途ご相談ください。

  • プログラム動作検証
  • データベースサイジング
  • 社内稼働中システムとの連携設定
  • OSおよびDBのバージョンアップ検証
  • イメージデータのインポート作業。P2VまたはV2Vでの移行

AWS上のトライアル機に移送は可能ですか?

可能です。但し、お客様にて実施して頂く事になります。

AWS上のトライアル機でのバックアップや監視は実施して頂けますか?

はい。監視は運用時間帯(平日の8:00-20:00)は実施します。またご要望に応じてバックアップも3世代管理します。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube