NTTデータグローバルソリューションズ

全社共通のクラウド基盤導入の一大プロジェクトに選んだのは、SAP on AWSに対する圧倒的な技術力を持つNTTデータ グローバルソリューションズ

旭硝子株式会社様

  • グローバル
  • クラウド
  • 製造業

世界トップクラスのガラスメーカーであるAGC旭硝子は、これまでオンプレミス環境でシステムを運用してきましたが、コスト低減とグループ全体のインフラ標準化を目指し、新たなインフラとしてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用。クラウド運用パートナーにNTTデータグローバルソリューションズを選定し、同社の次期SAP ERPを現在AWS上に構築しています。これにより、今後5年間のインフラコストを大幅に削減できると考えています。さらに同社は、AWSの標準機能とオープンソースを活用して構築したクラウド基盤を全社共通のインフラとして標 準化し、2020年までに業務系システム/情報系システムの多くを順次クラウドに移行することを計画しています。

旭硝子株式会社様

導入前の課題

  • SAP ERPのオンプレミス導入プロジェクト開始後にAWSの価格改定があり、コスト低減が見込めることとなったために急きょクラウド化の推進が決定

NTTデータ グローバルソリューションズを選んだ理由

  • AWSに関する情報収集力と技術力の圧倒的な高さ
  • すでにAWSに対して十分な技術力を持つ社内クラウド戦略チームに対して技術的な対話が可能なベンダー

導入ソリューション

  • 今後予定されているシステム更改やグループ全体への横展開を見据えた、システム基盤の徹底的な標準化と合理化のための導入支援

導入の効果

  • インシデント数削減
  • 半年間でSAP ERPの稼働に必要な開発/検証/本番の3つの環境をAWS上に構築し、インフラ環境整備を完了後、コストと作業の削減をすぐに実感
  • AWSを活用することで設計の負荷が減り、上流業務に時間をかけることが可能となった

お客様の声

旭硝子株式会社 情報システムセンター グローバルIT企画グループ 浅沼 勉様
旭硝子株式会社 情報システムセンター グローバルIT企画グループ
浅沼 勉様

NTTデータGSLのコンサルタントのAWSに関する情報収集力、技術力は、他社を圧倒していました。単に認定されている推奨構成を提示するのではなく、あらゆるシステム構成の可能性を提示した上で、それぞれに対し想定される問題と、それの対象方法や転用方法など将来の見通しを示しながら、メリットやデメリットを教えてくれました。こうしたやり取りを何度も重ねていくうち、これは信頼できるベンダ、コンサルタントであると確信するに至ったのです。

お客様情報

会社名 旭硝子株式会社
住所 【本社】
〒349-1148  東京都千代田区丸の内1-5-1
URL http://www.agc.com/
創立 1907年9月
主要事業 板ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイガラス、電子部材、クロールアルカリ・ウレタン、フッ素化学・スペシャリティ、セラミックスなどの製造および販売
旭硝子株式会社様
  • 記事中の企業名、部署名、担当者情報等は取材当時のものです。
  • 記載されている会社名、製品名、サービス名はNTTデータ グローバルソリューションズまたは各社の商標もしくは登録商標です。
お問い合わせ お問い合わせ