NTTデータグローバルソリューションズ

SAP Leonardoとは


デジタルトランスフォーメーションを実現するフレームワーク
「SAP Leonardo」

「SAP Leonardo」は、デザインシンキングの方法論とSAPの長年の業種ごとのソリューションで培った知見をあわせ、顧客のイノベーション支援のために提供するサービスです。SAP Leonardは単なるソリューションではなく、ソリューションを含むイノベーションを生むための一連のプロセスを含むトータルサービスであると言われています。

すなわち、「SAP Leonardo」は、SAP社によるデジタル戦略実現のためのトータルサービスであり、同社が提供するIoT関連ソフトウェア製品群やテクノロジー、方法論の総称です。SAP社では、「SAP Leonardoは、顧客のビジネスの"あるべき将来の姿"に向け、顧客とともにイノベーションを推進していくための活動全体のことを指す」と位置付けています。

2017年5月に発表され、同年10月に日本で本格展開が開始、すでに、700以上で構成される製品の導入の支援が進んでいます。「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の名を冠した「SAP Leonardo」は、企業がスピーディーにデジタル変革を実現し、企業がSAP社のコンセプトである「インテリジェントエンタープライズ」となるための力となります。

SAP社では、「SAP Leonardo」をビジネスに直結している領域のアプリケーション構築「SoE(System of Engagement)」を支援する製品群に位置付けています。同社の業務アプリケーション製品「S/4HANA」と同様に、SAPのPaaS(Platform as a Service)である「SAP Cloud Platform」で動作します。「SAP Cloud Platform」上では、IoT、マシンラーニング、ビッグデータ、アナリティクス、ブロックチェーン、データインテリジェンスなどの技術を統合・提供します。また、デザインシンキングの方法論やSAPの専門知識を提供することで、新たな機能やビジネスモデルの速やかな導入を支援し、デジタルトランスフォーメーションが実現しています。

SAP Leonardoのキーコンセプトの1つである「デザインシンキング」

昨今、イノベーションのために「デザインシンキング」の手法を取り入れる日本企業が増えており、いまやデザインシンキングという言葉は一種のバズワードのようになってきています。しかし、その多くが、アイデア出しだけで終わっているのが実態でした。SAP社では、長年にわたりデザインシンキングの手法を取り入れており、その経験を活かし、アイデア出しだけで終わらせず、アイデアを実行に移して失敗と改善に取り組むための共創イノベーションを加速化し、顧客企業が真のインテリジェントエンタープライズとして成功できるよう取り組んできています。またそれを支援する場として、全世界で「SAP Leonardo Experience Center」を展開しており、2019年8月には日本でもSAP Leonardo Experience Center Tokyoをオープンしています。こうしたセンターをフル活用し、企業が先進テクノロジーを使ってイノベーションを意図的に起こすための支援を行うのが、「SAP Leonardo」です。イノベーションを意図的に起こすための唯一絶対の方法論はありませんが、SAPが顧客とともにイノベーションを起こしてきた経験の中から抽出したノウハウや進め方の方法論を、業種やテーマ別に分類してまとめたもの全体を「SAP Leonardo」と呼んでいます。そのため、「SAP Leonardo」は特定の製品やサービスだけを指すものではなく、各社が個別に悩むのではなく、意図的にイノベーションを実現するために効率よく正解にたどり着くことができるフレームワーク全体であるとも言えます。

SAP Leonardoを構成するコンポーネント

SAP Leonardoによるイノベーションを実現するために、インテリジェントテクノロジーのコンポーネントが提供されています。

  • 機械学習
  • モノのインターネット (IoT)
  • アナリティクス
  • ブロックチェーン
  • データインテリジェンス
  • ビッグデータ

これらのテクノロジーは、クラウドプラットフォームである「SAP Cloud Platform」で提供され、オープンな環境でアクセス可能です。
シナリオに応じ、必要なテクノロジーを組み合わせることで、ビジネストランスフォーメーションを実現し、デジタルコアとして位置づけられているERPのデータをさらに活用すして価値を上げることができるのです。

SAP Leonardoで注目すべき機械学習機能

つまり、SAP Leonardoは、まずは、SAPのポートフォリオにある革新的技術をデザインシンキングと組み合わせ、顧客が確実にイノベーションを起こせるようになるためのフレームワークです。革新的技術には機械学習、ビックデータ、IoT、ブロックチェーン、Data Hubなどがあり、これらのオーケストレーションによりイノベーションを支援します。この中で、特に注目すべき機能は、機械学習の「SAP Leonardo Machine Learning」です。マーケティング、販売・サービス、デザイン、運用・保全、インバウンドロジスティクス、アウトバウンドロジスティクス、財務、人事などのあらゆる業務に対して機械学習の適用を図り、バリューチェーン全体に潜む非生産的領域を変革していきます。そして、既存のSAPシステムとの統合と、統合による拡張が可能となります。さらに、このようなイノベーションを高速で顧客に提供することができます。

世界200社を超える顧客企業が採用

「SAP Leonardo」は、8週間以内の導入とカスタマイズが可能な「express edition」、プロトタイプの作成まで支援する「open innovation edition」、ソリューションまでを作成できる「enterprise edition」の3種類があり、すべてクラウドで提供されています。「SAP Leonardo」は、発表以来、世界で200社以上の顧客と「SAP Leonardo」についてのデザインシンキングプロセスを進めており、各社によるステージは異なりますが、大きな成果が出てきています。

NTTデータGSLでは、従来提供してきたSAP ERPソリューションをさらに価値あるデジタルコアとして活用していただくために、デザインシンキングのワークショップを起点にし、PoCやアプリケーション開発など、イノベーションやデジタルトランスフォーメーションの実現を支援するサービスを提供しています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube