NTTデータグローバルソリューションズ

先輩社員の声

第一製造事業部
統括部長

N.A.

2014年度(中途入社)

多様なバックグラウンドのメンバーたちとチームを組み、プロジェクトを推進しています。

当社に入社する前のご経歴を教えてください。

2002年に大学卒業後、大手国内SIerに入社し、一貫してSAP導入畑を経験してきました。前職では会計コンサル、または導入リードとしてSAP導入プロジェクトを経験させていただき、SAPに関する知見、導入プロジェクトに関するイロハはこの経験を通じて基礎が身についたと考えています。

海外での業務は、特に今まで経験したことのないタイプのプロジェクトマネージャーに出会うことが多々あります。スピード重視型、品質重視型、コスト重視型、最新技術採用型等、様々です。

そのような方々と接し、刺激を受け、違いに苦しみながらも理解→解決していくことを繰り返す中で自身の引き出しが徐々に増えていることを日々実感しています。結果としてよりフレキシブルで、より価値の高いソリューションをお客様に提供できていると実感することに喜びを感じています。そのような環境でプロジェクトリードができることは非常にやりがいがあります。

また、どのような環境に対しても臆さずに飛び込むという勇気が身に付きました。

当社に入社するきっかけはどのようなことでしたか?

グローバル案件は各国のノウハウ、海外リソースも重要

前職でグローバル案件に携わったことが切っ掛けでした。初めてのSAPグローバル案件が海外3か国導入プロジェクトで、文化が異なる現地ユーザとの要件定義、英語でのコミュニケーション、日本とは異なる法制要件対応、現地と日本との調整等に苦労しつつも非常に刺激的であり、多くを学ぶことができました。そして今後もグローバル案件に携わっていきたいと強く思うようになりました。一方、より大規模なグローバル案件で経験を積むためには、海外に強いリソースを持ち、各国の法制要件やノウハウのある会社のほうがありがたいと感じ、世界各地に合計1万人を超えるSAPコンサルネットワークを持ち、グローバル案件の経験が豊富なNTTデータグローバルソリューションズを選びました。

入社していかがでしたか?

お客様の拠点に導入が決まれば、世界各地どこまでも

入社後4年間、会計コンサルタント、プロジェクトマネジャーや案件責任者と色々な形で案件に携わってきましたが、恵まれたことに全て希望したグローバル案件でした。入社後、インド、米国、中国、ヨーロッパと様々に国で導入に携わることができ、自分の理想としていた経験を積むことができていると感じています。もちろん常にグローバル案件があるわけではないのですが、いつでもグローバル案件に参画できるように常日頃から英語力の向上には取り組んでいます。

所属する事業部の方向性や方針などを教えてください。

ポイントは経営の課題を解決するValueをいかにお客様に提供できるか

ポイントは経営の課題を解決するValueをいかにお客様に提供できるか

SAPパッケージの導入形態はここ数年で大きく変わってきていると理解しています。

旧来はSAPパッケージをベースとして不足機能をアドオンで賄う形態でしたが、SAPの導入・活用拡大に伴い現在は非常に多くの周辺ソリューション(ECO)が出てきています。これからはCORE(S/4 HANA)+ECOの組み合わせでお客様の課題を解決するためのシステムデザインを行い、トータルソリューションを提供することが求められていると考えています。

第一事業部の強みは、業務・SAPの双方を熟知したプロフェッショナル、及び弊社にJOINしていただいた外国籍リソースだと考えています。 このメンバーと国内・海外問わず、お客様にValueが提供できるECOソリューションを発掘・検証し、より付加価値の高いトータルソリューションを提供していきたいと思っています。

最後に当社に興味を持ってくれた方にメッセージをお願いします。

立場に関係なく、「コンサルタント」としてお互いを認める組織

GSLには優秀で、優しい仲間がたくさんいます。現在のプロジェクトでも、自社社員のみならずビジネスパートナーの方と全員で頻繁に会議を行ってあるべき姿を議論したり、困っていることの相談をしたり、食事にいったりします。立場に関係なく、各々を「コンサルタント」として尊敬しながら、皆で相談しあっています。全員が主役で、全員が言いたいことをいえるような仕組みづくりを大事に育てていきたいと思っています。また、社員のやりたいことを認めてくれる社風がGSLの上層部にはあります。 ぜひ、この環境で一緒に仕事をしましょう!

採用に関するお問い合わせ

採用に関するお問い合わせは下記フォームから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube