ERPソリューション

あらゆる事業規模のお客様に対して最適なソリューションを提供できるのが、SAPのERPソリューションの特長です。
業種や事業規模に応じて、導入をより効率的に、そして効果的に行えるテンプレートを用意し、導入から運用までをワンストップで支援します。

ERPソリューションがもたらす効果

ERPは「統合基幹システム」などとも呼ばれ、企業の経営資源である「人・モノ・金」の情報を一元管理・可視化し、「経営・業務の効率化」や「経営の意思決定の迅速化」を実現することを目的に多くの企業で導入されてきました。
従来、企業の拠点や部門間ごとに最適化された結果、業務システムやデータがサイロ化してしまい、業務プロセスの統合やデータの活用が十分にできない状況がありました。これをERPのプラットフォームで統合することで、システムやデータの一元的な管理を可能にしたのです。

SAP ERPソリューションの特徴

SAPのERPソリューションは、「モジュール」と呼ばれる業務単位のシステムユニットで構成されています。

会計管理系モジュール、ロジスティックス系モジュール、人事管理系モジュールなど必要なモジュールを組み合わせることで、一つの統合されたシステムが構築されます。

SAPのERPソリューションには、大企業向けの「SAP S/4HANA」、および中堅・成長企業向けの「SAP Business ByDesign」および「SAP Business One」があります。お客様の業態や企業規模に応じたERPシステムを導入できることが、SAPのERPソリューションの大きな特徴です。
次世代型ERPシステムであるSAP S/4HANAはインメモリ型データベースであるSAP HANAを基盤にしているため、従来型のERP製品よりもデータ連携やデータ分析が高速化しており、よりリアルタイムなデータ活用が可能になりました。従来のオンプレミスの実装に加え、IaaS基盤での構築や、SaaS型「SAP S/4HANA Cloud」も提供され、クラウド基盤を活用した展開も可能です。

また、SaaS型クラウドであるSAP Business ByDesignは初期投資や運用コストを低減し、標準シナリオとあらかじめ用意された各種ツールを組み合わせて構築するため、短期間での実装が可能です。

このように、あらゆる事業規模のお客様に対して最適なソリューションを提供できるのが、SAPのERPソリューションの特徴です。
NTTデータGSLでは、導入をより効率的、効果的にする「GBMT」というテンプレートを用意しています。

お客様の業態や企業規模に応じたERPシステム

SAP ERPソリューションの位置づけ

従来は「基幹システム」として位置づけられていたERPですが、現在SAPではデジタルトランスフォーメーションを実現する「インテリジェントエンタープライズ」のコンセプトの中で、その中核となる「デジタルコア」として位置づけられています。
他の業務アプリケーションとリアルタイムに連携することで業務プロセスを変革し、その価値を発揮することができます。

SAP ERPソリューションの位置づけ