インプリメンテーション

コンサルティングやPoCのフェーズを経て構想を実現する上での課題を洗い出したあと、各システムの実装のフェーズになります。
ERPソリューションを中心に据えながら、デジタルトランスフォーメーションを実現するための基盤や関連する業務システムとの連携、データ活用など、その範囲は多岐にわたります。システム特性を理解したプロフェッショナルにより、お客様の課題を解決するだけでなく、中長期的な運用管理を見据えた設計が重要です。

設計、開発、実装、テストなどのフェーズを経て導入を完了します。導入後の一定期間は特に重要な期間であるため、より手厚いサポートを行うとともに、運用保守サービスに引継ぎを行います。

システム構築・導入プロジェクトフェーズ

NTTデータGSLでは、ERPソリューションの導入にあたり、より効率的、効果的に行うためのテンプレート「GBMT」を用意しています。また運用保守を意識した設計により、円滑な運用保守フェーズへの移行を実現します。ERP以外のソリューションや連携についても豊富な実績を持ち、業務要件とシステム特性を踏まえた最適な設計と導入を支援いたします。

システム構築・導入プロジェクトフェーズ

ソリューション&サービス