プレスリリース

SUSE LinuxのHAクラスター機能を活用した SAP S/4HANA、Suite on HANA自動切り替えサービス提供開始

株式会社NTTデータグローバルソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 大西 俊介、以下NTTデータGSL)は、ノベル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 河合 哲也、以下ノベル)のSUSE HA(High Availability:高可用性)クラスター機能を活用したSAP S/4HANA、Suite on HANA自動切り替えサービス提供を開始しました。
本サービスは、SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsに標準装備されるHAソフトウェアSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionを活用し、SAP HANA環境の高可用性を実現します。

【背景】

パフォーマンスの向上と、多種多様な情報活用を目的に、SAP S/4HANAを始めとするSAP HANAのプラットフォーム採用が増えています。
合わせて、SAP HANAの障害や災害対策は必要不可欠です。NTTデータGSLは、オープンソースのHA機能として定評高いノベル社のSUSE HA(High Availability:高可用性)クラスター機能SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionを活用したSAP S/4HANA、Suite on HANA自動切り替えサービス「SUSE High Availability Service for SAP HANA」の提供を開始しました。
本サービスは、SUSE Linux  Enterprise Server for SAP Applicationsに標準装備されるHAソフトウェアSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionを活用し、SAP HANA環境の高可用性を実現します。

【サービス概要】

SUSE High Availability Service for SAP HANAのサービス項目は下記になります。

    ◆概要
  • HAに関する事前説明、KPI決定に関するコンサルティング
  • パラメータシート入力支援
  • HANA System Replication(HSR)の設定
  • HA構成に必要なsoftwareのインストール実施
  • パラメータシートに基づいたHA構成の構築実施
  • 弊社試験項目に基づいた障害試験、切替試験の実施
  • HA設定、及びHSRに関するKnowledge Transfer実施
    ◆構築期間
  • 2週間 ~
    ◆価格
  • 400万円 ~

【実地検証について】

NTTデータGSLは、「SUSE High Availability Service for SAP HANA」のサービス化にあたり、SAP Co-Innovation Lab東京(千代田区半蔵門)にて、HANAサーバとしてCisco Unified Computing System(シスコユニファイドコンピューティングシステム、以下Cisco UCS)使用し、自動切り替えの性能品質とパフォーマンスを検証しました。
電源断、カーネルパニック等、各種障害が発生した場合でも、問題なく自動で切り替わることを保証します。また、Cisco UCSとSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの組み合わせでは、システムにおけるハートビートが断絶し、スプリットブレイン※1状態となってもIPMI※2経由で、即座に片方のノードを停止する動作を実証しました。
これにより更に耐障害性を高めることが可能です。

  • 1 両ノードがそれぞれ本稼働系のサーバだとして動作してしまう現象
  • 2 IPMI(Intelligent Platform Management Interface):サーバーベンダやOSに依存する事なくエージェントレスでハードウエアの各種センサ情報の取得や遠隔操作を行うためのインターフェイス

【今後の展開】

今後、NTTデータGSLは「SUSE High Availability Service for SAP HANA」のサービス機能を強化し、SAP HANAにおける高可用環境構築をご提案します。 また、NTTデータGSLが提供するSAPシステムの移行サービス(SAPマイグレーション、SAPバージョンアップ)と組み合わせることで、SAP HANAの高可用環境への移行もご提案します。

【SUSE Linux Enterprise High Availability Extension とは】

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、オープンソースクラスタ化技術の統合スイートで、可用性の高い物理Linuxクラスターと仮想Linuxクラスターを実装できます。
構成と管理をすばやく効率的に行うため、High Availability Extensionにはグラフィカルユーザインタフェース(GUI)とコマンドラインインタフェース(CLI)の両方が備わっています。
さらに、HA Web Konsole (Hawk)も標準装備しているので、WebインターフェイスからでもLinuxクラスターを管理できます。

ノベル株式会社様からのコメント

ノベルは、このたびのNTTデータグローバルソリューションズ様の発表を心より歓迎いたします。
SAPのソフトウェア開発プラットフォームとして採用されているSUSE Linux Enterprise Serverは、SAP HANAに最適なOSとしても推奨され、世界で5,800社以上のお客様がSUSE上でSAP HANAを利用しています。
今回の検証を通じ、「SUSE High Availability Service for SAP HANA」のサービス提供開始に貢献できたことを嬉しく思うとともに、SAP HANAに関する卓越したノウハウと経験を持ち、SUSEのHAソリューションにも習熟されたNTTデータグローバルソリューションズ様が本サービスを提供することによって、SUSE上での高可用なSAP HANA環境の利用が加速するものと期待しております。

ノベル株式会社
テクニカルセール本部 本部長 君塚 俊哉

シスコシステムズ合同会社様からのコメント

シスコは、このたびのNTTデータグローバルソリューションズ様の発表を心より歓迎いたします。
SAP HANAのハードウェアプラットフォームとして認定されているCisco UCSサーバは、SAP Co-Innovation Lab東京でのSAP HANA検証サービスを1つの強みとして、HANA国内導入の実績を多数築いてまいりました。
今回、Co-Innovation Lab東京の設備とシスコの技術ノウハウを用いて、PoCに貢献できたことを嬉しく思うとともに、SAPの豊富な導入実績に裏付けられた、高い技術力をお持ちのNTTデータグローバルソリューションズ様が本サービスを提供することにより、信頼性の高いSAP HANAの利用がより加速するものと期待しております。

シスコシステムズ合同会社
専務執行役員 パートナー事業統括 高橋 慎介

<NTTデータ グローバルソリューションズについて>

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7月に設立されました。NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERPシステムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTTデータグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしています。

  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。
  • その他の会社名及びサービス名等は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

  • 一般の方からの問い合わせ先 NTTデータ グローバルソリューションズ はが TEL:03-5669-2018 FAX:03-5669-2046
  • 報道関係からの問い合わせ先 (株)VAインターナショナル 田中/進藤 TEL:03-3499-0016 FAX:03-3499-0017 E-mail:vai@va-intl.co.jp