NTTデータグローバルソリューションズ

日系企業の海外拠点サポート

海外拠点のガバナンスやローカル対応にお悩みはありませんか?

マーケットの拡大、人材の確保、コストの削減などを理由にして、もはや日本企業の海外進出は当たり前の時代です。

海外でのビジネスを円滑かつスピード感を持って進めるためには、システム対応も欠かせません。

そのような背景から海外拠点にSAPを導入する企業が増えていますが、システム導入後の運用に問題を抱えている企業も少なくありません。

NTTデータグループでは、世界41ヶ国でAMOサービスを展開しています。アジアをはじめ、アメリカ、ヨーロッパなど、幅広い地域で豊富な経験と実績がございます。
GSLはこれらのグループ会社と連携することにより海外での様々な問題を解決し、日本主導のグローバルサポートを実現しています。

日系企業の海外拠点サポート

本社IT部門のお悩みと解決事例

本社IT部門では、海外拠点のサポートに関して、様々な課題を抱えています。
GSLは、日本企業のグローバル課題を解決すべく、海外グループ会社とも連携しながら支援を致します。

課題

ソリューション例

課題

  • 海外拠点にSAPシステムを導入したいが進め方が分からない
  • 海外ベンダによるシステム変更の統制が取れていない
  • 海外拠点のナレッジを集約出来ていない
グローバル管理

ソリューション例

  • グローバルテンプレートを構築し、
    テンプレートベースで海外拠点システムを導入
  • 弊社SDM※1日本主導によるガバナンス強化を実施
  • 海外拠点からの問い合わせを一元管理しナレッジを集約
    • サービスデリバリーマネージャーの略。
      海外拠点を含め、運用保守サービス包括的に管理します

課題

  • 決算期や月次処理で問い合わせが殺到して対処できない
  • 税制改正などのローカル要件を対応できる人材がいない
リソース

ソリューション例

  • 弊社サービスデスク活用によるIT部門の負荷軽減

課題

  • ローカル要件を理解するのに時間がかかったり、
    言語面等が壁になっており、海外拠点の要件を対応できない
コミュニケーション

ソリューション例

  • 海外グループ会社と連携し、ガバナンスを利かせながら
    ローカル言語でサポート
  • 海外拠点を現地訪問して課題発覚、解決、トレーニング

課題

  • 緊急時に早朝、深夜の対応が発生しメンバが疲弊している
タイムゾーン

ソリューション例

  • 海外グループ会社と連携し、現地のタイムゾーン・カレンダでサポート
  • ソリューション例は、下記関連資料も参照ください。

トピックス

ここでは海外のホットなトピックスを紹介していきます。GSLはこれらのトピックにもタイムリーに対応していきます。

マレーシア GST税率変更

物品・サービス税(GST)の税率は2018年6月1日から、6%から0%に引き下げられました。
マハティール政権の選挙公約を実現するものでしたが、マハティール首相が9月にGSTに替わるSST(Sales and Services Tax)を再導入すると発言しており、今後の動向が注目されます。

タイ VAT税率

タイの付加価値税(VAT)は国税法典において10%と定められていますが、時限法案で7%への引下げが定められています。
2019年9月30日まで7%が維持されており、2020年10月1日からの税率が注目されます。

イタリア e-invoicing適用

国内のB2B、B2Gの取引についてe-invoicingへの対応が必要となります。
2018年7月1日より一部の業種にてe-invoicingへの対応が必須となります。その他の業種も2019年1月1日に対応が必須となります。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube