NTTデータグローバルソリューションズ

SAPとは


NTTデータ グローバルソリューションズはSAPソリューションを専門に提供している会社です。SAPユーザー企業であれば、おもにERP製品を提供しているベンダーのひとつであると理解していることが多いことでしょう。ここでは、あらためてSAPについて基本的な情報を整理したいと思います。

SAPとはなにか

SAP(エスエーピー)とは、ドイツに本社を置くソフトウェアの大手ベンダーです。一般的には提供しているソフトウェアをさしていることもありますが、正確にはSAPは会社名であり、製品名ではありません。SAPは、1972年ERPパッケージ(統合業務パッケージ)ソフトのベンダーとして、ドイツのワルドルフで設立されました。ERPパッケージとは、企業の業務を統合して一括管理するソフトウェアのことを指しています。1973年、世界で最初のERPとなったSAP社の「R/1」が世にリリースされて以降40年以上にわたり、SAPのERPソリューションは、R/1→R/2→R/3→SAP ERP→SAP S/4HANAという変遷を遂げています。(「R」は、リアルタイムという意味)

世界中で、SAPが浸透した理由

1980年代まで日本の企業情報システムの中心は、業務に最適化されたシステムでした。しかし、1990年代前半に欧米で起こったBPR(Business Process Reengineering:業務プロセス改革)ブームがきっかけとなり、日本でも、多くの企業でERPパッケージを本格的に採用するようになりました。同時に、1990年代はメインフレームからオープンシステムへの移行が一気に進み、「2000年問題」(2000年になるとコンピュータが誤作動する予想されたこと。別名、Y2K問題)も重なって企業情報システムの刷新ニーズが高まった時期でした。そこで、SAPの「SAP R/3」をはじめ、米PeopleSoftの「PeopleSoft」、米J.D.Edwardsの「OneWorld」、米Oracleの「Oracle Applications」、オランダBaanの「BaanERP」といった各種ERPパッケージ商品が、このような企業のシステムに対する刷新のニーズを的確にとらえ,1990年代には世界中で"第一次ERPブーム"と呼べるようなERPパッケージの導入ラッシュが起こりました。そこで、圧倒的に世界の市場シェアを有したのがSAPでした。

様々なSAP ERP製品

SAP社では、さまざまな企業をターゲットにERP製品を提供していています。そのターゲットには、ERPシステムをオンプレミスで運用しようとする大企業もあれば、クラウドへの移行によってレガシーシステムをモダナイズし、他のソフトウェアパッケージの統合を目指す企業、初めてERPシステムを導入する企業、またクラウドベースのシンプルなERPシステムの導入を考える小規模企業、そして少しずつモジュールを拡大しようとする中堅企業など様々です。SAP製品のラインナップは幅広く、主力のオンプレミスシステム向けSAP ERPに加え、「SAP S/4HANA」、「SAP S/4HANA Cloud」、「SAP Business ByDesign」、「SAP Business One」などのERP製品があります。

1990年代に世界的に広く普及したERPパッケージ「SAP R/3」

「SAP R/3」は、クライアントサーバ型のシステム構成となっており、基盤的なものを除いて業務や業種ごとにモジュール(部品)化され、必要なものを組み合わせて自社の業務に合ったシステムを構築することができます。主なモジュールとしては財務会計、販売管理、人事管理、購買・在庫、生産管理、業種固有の機能をまとめたモジュール群のIS(Industry Solutions)などがあります。また、追加のソフトウェアを独自に開発・導入することができるABAP(Advanced Business Application Programming)と呼ばれる環境を備えており、国や業界により独特の商慣行に対応したり、各企業や部門にとって必要な機能を補ったりすることができます。SAP R/3は大型汎用機(メインフレーム)向けに開発・販売されていた「R/2」を元に開発され、最初の製品は1992年に発表されましたが、2015年にはR/3の後継となる第4世代の製品として「SAP Business Suite 4 HANA」(SAP S/4HANA)が発表され、SAP R/3を起点にしたSAP ERPシリーズは次世代への移行が大きなトピックとなっています。

中堅・中小企業向け「SAP Business ByDesign」も需要拡大中

「SAP Business ByDesign」は、SAPのSAP Cloud Platformを標準プラットフォームとして採用したSaaS型のクラウドネイティブERPであり、中堅・中小企業および大企業の子会社、海外拠点などでの利用に適したERPです。

2007年に発表されて以来、日本を含む世界117ヵ国で提供され、2018年時点で約3,700社の企業に導入されています。会計管理、人事管理、購買管理、生産管理、販売管理など36の業務プロセスに対応しています。また、「SAP Business ByDesign」の最大の特徴はSaaS型のERPサービスであり、従来のオンプレミス型のERPパッケージと比較して、導入までに要する期間が短くでき、初期導入コストが安い点にあります。費用は初期費用のほか、ユーザー数に応じたユーザーライセンス体系で課金されます。

「SAP Business One」は、中堅・中小企業におけるビジネス活動の主要業務を、ワンシステムで網羅的に管理できるERPパッケージです。カスタマイズを必要としない豊富な標準機能により、多くの国の言語・税制・商習慣に標準対応しており、短期間かつ低コストでシステム導入を可能とするとともに、中堅・中小企業の収益性向上と成長を強力に支援しています。

ERPだけではないSAPソリューション

ERPだけではないSAPソリューション

「SAPと言えばERP」というイメージが強い方も多いのですが、SAP社ではERPビジネスにも増して業務アプリケーションなどのクラウド製品関連のビジネスが現在成長しつつあります。では、ERP以外にはどのようなソリューションがあるか見てみましょう。

SAP C/4HANA

CRMスイートサービスで、データクラウドの「SAP Customer Data Cloud」を土台に、マーケティングの「SAP Marketing Cloud」、コマースの「SAP Commerce Cloud」、セールスの「SAP Sales Cloud」、サービスの「SAP Service Cloud」と5つのクラウドサービスから構成されています。

SAP Ariba

調達管理サービスの提供。企業の間接材購買の業務をエンド・トゥ・エンドでサポートするクラウドサービスです。

SAP Concur

旅費経費管理サービスを提供します。全世界44,000社以上(国内790社以上)、全世界利用ユーザー数5,610万人以上に導入されています。スマートフォンのカメラで領収書を簡単撮影、経費精算・交通費精算を社外のどこからでも実施可能です。

SAP SuccessFactors

人材の登用・育成・管理サービスを提供する、クラウドベースのグローバル HCM (Human Capital Management)システムです。全世界で4,000社以上、利用ユーザー数2,000万人以上に利用されています。

SAP Fieldglass

企業と人財をつなぐ"人財シェアリング"を実現するプラットフォームです。世界180か国で650社以上の企業が導入しいています。
このほかにも、企業で利用する様々なアプリケーションを提供しており、ERPはこれらのアプリケーションから発生するデータを保管し、活用する基盤である「デジタルコア」として位置づけられています。
また、このようなSaaSアプリケーションだけでなく、SAP Cloud Platformでは、IaaSやPaaSの基盤も提供しています。

たとえば、デジタルコアのデータを活用するための機械学習プラットフォームや、IoTと連携するための基盤など、「Intelligent Enterprise」のコンセプトを実現するための一連の製品を提供しているのです。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube