NTTデータグローバルソリューションズ

中堅・中小企業向けのクラウド型ERP
「SAP Business ByDesign」

2015年に登場したSAP Analytics Cloud


SAP Business ByDesignは、SAPが提供するSaaS型のERPです。同社が提供する複数のERP製品のラインナップの1つで、手ごろな価格で短期間に業務プロセスを改善することができることから、主に中堅・中小企業や大企業の子会社、海外拠点などでの利用に適しています。2007年に発表され、日本語版は2013年11月から提供が開始されました。今では、日本を含む世界117ヵ国で提供され、2018年時点で約3,700社に導入されています。

標準で提供する機能

会計管理、人事管理、購買管理、生産管理、販売管理など、下記のようなカテゴリの機能を標準で提供します。

財務

財務に関する機能は、複数の部門や通貨にも対応し、グローバルな展開にも対応します。また、キャッシュフローを管理する機能もあり、仕入先との取引や顧客への販売、売上情報などをもとに、キャッシュフローをリアルタイムに確認することができます。

顧客管理

顧客管理に関してはマーケティング、セールス、サービスに関する管理機能を提供します。マーケティング機能ではターゲットに合わせたキャンペーンの実施やリードの生成、クオリファイによる営業への引き渡しなど、マーケティングを効率化し、顧客を獲得するためのプラットフォームを提供します。セールス機能では、顧客への窓口機能から請求処理などのライフサイクルにわたって自動化、効率化します。サービス管理では、顧客への対応などを管理し、顧客満足を向上します。

人事

人事に関しては、入社から日常的な管理業務、承認ワークフローなど、人事管理に必要な機能が提供されます。勤怠などの労務管理や給与計算、自身に関する情報をセルフサービスで管理することにより、従業員のエンゲージメントを高めます。

プロジェクト管理

プロジェクト管理の機能では、単なるスケジュール管理だけではなく、プロジェクトに関する収支などを合わせて管理し、可視化が難しい受注型のプロジェクトにおいても損益管理を可視化します。

調達・購買

調達・購買の機能では、最適な仕入先の選定や購買の処理の機能などを提供します。購買に関する効率化と最適化を図ります。

サプライチェーン管理

サプライチェーンは、需要予測に基づく仕入、生産、ロジスティクスに至る一連のプロセスを統合し、最適な生産と在庫管理を提供します。調達計画の作成から、生産、流通、倉庫管理まで一元的に行います。

ローカライゼーション

SAP Business ByDesignはグローバルな環境での展開も可能です。複数の国や地域にまたがり、異なる通貨やルールに対しても同時に管理でき、複数の帳簿にも対応します。

最大の特徴であるSaaS型のERPサービスで、短期間かつ低コストでの導入を実現

SAP Business ByDesignの最大の特徴は、SaaS型のERPサービスであるため、従来のオンプレミス型のERPパッケージと比較して、初期導入コストを抑え、短期間で導入することができることです。ユーザーは、"SAPのクオリティを手頃なコストで"実現することができます。つまり、ユーザーは、SAPが既存のERPビジネスで蓄積してきたさまざまな業種・業務の知見をベースに、それぞれの業務領域のベストプラクティスを実装した業務プロセス(ビジネスシナリオ)に沿って、必要な機能を選択し、ビジネスプロセスをスピーディかつ簡単に構築することができます。

SAP Business ByDesignの日本での導入も加速

SAPジャパンでは、2017年4月から、中堅・中小企業へのSAP Business ByDesignの販売を強化しています。同社の発表資料によると、「例えば、日本のSIerが中国でIoTデバイスの物販を新規ビジネスとして立ち上げることになった場合、古いERPなら本稼働まで3年かかることも多くありましたが、SAP Business ByDesignなら2~3ヵ月で実現する。さまざまな項目の設定には複雑な依存関係のようなものがあるが、それもすべてシナリオに組み込んでいる。各国地域のローカル向け設定のプリセットも豊富だし、マスターデータの登録・移行の手間をビジネスのグローバルロールアウトを安価にサポート最小化するツールもSAPから提供している」としています。

例えば、SAP Business ByDesignは、中堅の製薬株式会社に採用され、2018年12月より運用が開始、生産管理データとの連携による本社事業全体の一貫した見える化を実現し、同社の日本および海外での売上拡大につながっています。事業拡大に対応可能な統合システム(ERP)の整備ができ、複数システムの属人化を排除し、成長に向けた業務体制を構築しています。実際の構築期間も従来のERP構築と比較すると非常に短期間で導入が可能になっています。

ビジネスのグローバルロールアウトを安価にサポート

SAP Business ByDesignは、リーズナブルなライセンス費用に加え、クラウドサービスであるため、 運用に関してもサービス側で提供されます。毎月のコストや費用対効果が明確になり、インフラ整備、IT管理にかかるコストも抑えられます。

また、会社全体のERPとして使うだけでなく、「2層型ERP」のコンセプトに適したサービスでもあります。本社等の拠点に導入済のメインERP(1層目)を利用しつつ、その他拠点にSAP Business ByDesignを短期間かつ低コストで導入可能なERP(2層目)として利用することで、グループ全体での最適化を図ることが可能です。さらには、世界標準で統一されたSAP Business ByDesignには、あらゆる国・地域への導入実績をもとに、現地の法令や商慣習に対応する仕組みが蓄積されています。もちろん、多言語・多通貨にも対応しており、企業グループのグローバルロールアウト展開に強く、多数の有力な企業グループが海外展開時の基幹システムとして採用されています。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube