NTTデータグローバルソリューションズ

SAP HANAとは

SAP HANAが市場に投入されてから、10年が経過しました。現在、SAPERPパッケージ「SAP S/4HANA」の動作基盤として利用されているSAP HANAは、2019年にクラウドサービス版が発表されるなど、さらなる進化を遂げています。今回は、高速データ処理や高度なデータ分析、画期的なアプリ開発を可能にする統合的なデータ管理プラットフォーム、SAP HANAについて紹介します。 

SAP HANAの特徴

SAP HANAの大きな特徴の一つとして、カラムストア型のリレーショナルインメモリデータベースであるという点が挙げられます。 従来型のデータベースは、搭載されたハードディスクにデータを保持しながら動作するように設計されています。データ量が増えてくると、処理したデータをハードディスクに書き込んだり、変更したりするのに時間がかかることが、従来型データベースの課題でした。一方、SAP HANAに採用されているインメモリ型データベースは、すべてのデータをコンピューターのメモリ上に展開しながら動作します。ハードディスクからデータを読み出して処理するよりも、メモリ上で直接処理する方が応答速度が速くなるため、SAP HANAは従来のデータベースに比べて高速にデータ処理を行うことができます。

また、SAP HANAは、データ格納方式に、データの集計や分析処理を得意とするカラムストア(列指向)型を採用しています。カラムストア型は、冗長性のあるデータの圧縮に優れており、アクセスするデータを減らすことで高速に分析を行うことが可能です。SAP HANAでは、カラムストアに更新専用の領域を設けることで従来のローストア(行指向)よりもトランザクション処理に弱いという問題を解決しています。更に2018年のアップデートリリース「SPS03」以降、インテルの不揮発性メモリ「Intel Optane DC persistent memory」に対応し、データベースの一部を不揮発性メモリに配置することが可能になりました。データベースのデータを不揮発性メモリに配置することで、サーバがダウンした時にもメモリ上のデータが消えないため、すぐに再起動できるというメリットがあります。容量当たりの単価がDRAMよりも安いとされる不揮発性メモリを利用することで、より安価に大容量のメモリをサーバに搭載できるというメリットもあります。
こうしたメリットを備えたSAP HANAは、現在、SAPのERPパッケージSAP S/4HANAの動作基盤として利用されています。従来のERPでは、業務ごとにテーブル構造を分けてデータを管理していましたが、 SAP S/4HANAではこれらのデータ構造を統合し、オンデマンドで集計/分析することで、ありとあらゆるデータを任意の切り口で分析できるようになっています。

余談になりますがSAP S/4HANAは現在、SAP社の新たなビジネス戦略であるインテリジェントエンタープライズのデジタルコアに位置づけられています。そのため、SAP HANAはデータベースとしてより高度なデータ処理能力が求められるようになりました。そこで登場した考えが、SAP HANAをクラウドサービスとして提供するという考えです。

クラウドサービスの登場

SAP社は、2019年11月にスペイン・バルセロナで開催された「SAP TechEd Barcelona 2019」で、「SAP HANA Cloud」を発表しました。クラウドという名前の通り、SAP HANAをクラウドサービスとして提供するものです。SAPのパートナー企業が、オンプレミス環境向けのSAP HANAをAmazon Web Services(AWS)などのクラウドサービス上に搭載し、PaaSとして提供するサービスは従来から存在していましたが、SAP社がSAP HANAをDBaaS(データベース・アズ・ア・サービス)として提供するのはこれが初めてです。SAP HANA Cloudは「SAP Data Warehouse Cloud」、「SAP Analytics Cloud」と合わせ、SAP Cloud Platformを土台とした「SAP HANA Cloud Services」として展開されます。SAP HANA Cloud Servicesは構造化/非構造化データやオブジェクトデータなど、新たなデータモデルや処理タイプなどにも対応します。
さらに、データ仮想化やレプリケーションの技術によって、データストアからデータを移動することなく高速にアクセスすることを可能にしています。
動作に大量のメモリが必要であるというSAP HANAの課題に対応するため、SAP HANA Cloud Servicesでは、データの仮想化機能などを利用してメモリの容量を抑えつつ、多様な格納先のデータを透過的に利用できるようになっています。また、インメモリ以外の手段も組み合わせることで、利便性を犠牲にせずに価格を抑える工夫もされています。例えば、SAP HANA Couldの管理機能では、データの用途や利用頻度によって、格納場所の使い分けができるようになっています。頻繁に利用するデータはインメモリに格納し、分析などに利用するだけのデータは、SAP社が以前買収した、米サイベースが開発したデータベース「IQ」を利用した「Relational Data Lake」に格納する、そしてアーカイブ用途にはディスクストレージ拡張「HANA Disk Store」を利用する、といった使い分けです。SAP HANA Cloudが目指すのは、インメモリ以外の手段も組み合わせて、大容量のデータをより便利に管理できるようにすることであり、オンプレミスとクラウドを組み合わせて、柔軟にキャパシティを拡張することも可能です。

ページトップへ戻る

  • facebook
  • youtube